会社概要/沿革

マルコ醸造株式会社

会社概要

  • 会社名:マルコ醸造株式会社
  • 住所 :〒509-7731  岐阜県恵那市明智町732番地の1
  • 電話 :0573-54-3188
  • FAX : 0573-54-2517
  • 代表者:代表取締役 小木曽智彦
  • 資本金: 1000万円
  • 創業 :明治31年
  • 設立 : 昭和27年5月1日
  • 従業員数:5名
  • 取引銀行 :十六銀行、岐阜信用金庫、大垣共立銀行、東濃信用金庫、JAひがしみの、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行
  • 事業内容 : 味噌・溜・漬物・惣菜の製造・小売・卸。地域特産品の販売
  • 関連会社 :株式会社天外天(代表取締役) 、岐阜県しょうゆ協業組合(組合員) 万佳食品有限公司(中国内蒙古自治区)

会社沿革            

マルコ醸造創業者 小木曽初治・はま夫妻

  • 明治31年   初代小木曽初治が岐阜県恵那郡明智町に製麺業を開業。同時に味噌仕込みも開始。
  • 大正10年   製麺業を廃業し 「小木曽醸造場」として本格的に味噌醤油製造を開始。
  • 昭和25年   漬物製造を開始。(菊芋・山ごぼう)
  • 昭和27年   「マルコ醸造株式会社」設立。
  • 昭和46年   甘糀製造販売開始。
  • 昭和47年        岐阜県しょうゆ協業工場を共同設立。
  • 昭和58年        小木曽啄二、三代目社長に就任。
  • 平成5年          株式会社天外天を共同設立。小木曽啄二が代表取締役社長に就任。
  • 平成6年           資本金を1000万に増資。
  • 平成6年           中国内蒙古自治区ウランホト市に万佳食品有限公司を設立。
  • 平成9年           中国内蒙古自治区成立50周年式典に招待され参加。
  • 平成10年         小木曽啄二、中国内蒙古アルシャン盟栄誉市民となる。
  • 平成11年         創業百周年記念事業として茶室<寿孝庵>を建設。あわせて醗酵室、作業室を増築。
  • 平成13年   ホームページを開設。
  • 平成13年   小木曽智彦、四代目社長に就任。
  • 平成13年   小木曽智彦、㈱天外天、代表取締役社長に就任。
  • 平成14年   作業室を一部増改築。
  • 平成14年   日本初の黒米・黒豆味噌(商品名:からだが喜ぶみそ)を開発、仕込み開始。
  • 平成15年   杉大桶6本を創業130年以上の鈴木醤油(株)から譲り受ける。
  • 平成16年   「飛騨美濃すぐれもの」老舗11店の中の一店に選定。
  • 平成16年   鈴木醤油(株)社長より鈴木式赤だし味噌製法を引き継ぎ、仕込み開始。
  • 平成19年   店舗増床、駐車場を増設。
  • 平成22年   食育講座を開始(味噌づくり講座)
  • 平成22年   生塩麹・生しょうゆ麹販売開始
  • 平成28年   海外輸出を開始(フランス、中国)
  • 平成28年   大正村浪漫亭(土産物屋)開店。同時に物販テナントとして加入。
  • 平成29年   食育講座受講生が500名/年を超える。
  • 平成30年    岐阜県東濃地方がNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の舞台となる。
  • 平成30年   「秘密のケンミンショー」で「くるみ五平たれ」が取り上げられる。
  • 令和元年   NHK大河ドラマ「麒麟が来る」放送。
  • 令和元年   光秀ゆかりの地として、多数の商品開発。(光秀漬け、光秀醤油、明智光”秀(あけちみずひで)光秀ソフトプリン他)
  • 令和3年8月8日 長熟八年醤油新発売

メディア紹介

2017年8月31日 (水)18:15放送ぎふチャン STATION!より 岐阜放送様が弊社のことを詳しく取材し、取り上げてくださいました。マルコ醸造の歴史、こだわり、麹造り、食育講座、大正村浪漫亭まで丁寧に取材して下さり、マルコ醸造のことが良く分かる内容ですので、ご紹介させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました